読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルで旅したいサラリーマンMEMO

30歳の平サラリーマンがお小遣いを出来るだけ減らさずに旅資金マイル作り出すブログ

【緊急考察】AMEX救済策について~どうしたら得なのか~

f:id:maeviro:20160927231015j:plain

急遽内容を変更してお伝えします。

AMEXから救済策について、メールが一斉送信されました。

ただし、私も含めて、一定の方がまだメール配信されていないようです。

人によって対応に違いがある理由は不明ですし、どういった方を対象にメール送信していないかも不明です。

今日は、予定していた記事を取りやめて、記事を差し替えます。

消費者庁等への相談は、とりあえず、別記事にするとして、今、考えられるベストな選択を検討します。

 

アメックス祭りとは、何か不明な方や、私が今まで取った行動について、おさらい希望の方は、こちらをどうぞ。

 

 

私の状況(おさらい)

発行月:2016年6月以降組

発行カード:ゴールドカード

本来得られるはずだったポイント:60,000ポイント

得られたポイント:0ポイント

そして、まだAMEXからの救済メールはなし。(2016年9月27日23:00時点)

AMEXからの救済策を整理する

AMEXでキャンペーンを実施していたカードのうち、与えられるポイントは、この通りです。

①アメリカン・エキスプレス・カード会員様:一律5,000ポイント

ANA アメリカン・エキスプレス提携カード会員様:一律5,000ポイント

③デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス提携カード会員様:一律5,000ポイント

④アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード会員様:一律10,000ポイント  

しかも、カードを複数枚所持している場合は、最初に申し込んだカードのみが対象となるようです。

つまり、最初に①緑を申し込んで、後から④金を申し込んだ場合は、5,000ポイントのみの付与となります。合算の15,000ポイントとは、ならないのです。なんとせこい。

  ポイントの移行条件は?

 まず、メンバーシップリワードでANAマイル化する条件を再確認しました。

条件① メンバーシップ・リワード ANAコース(5000円+税)に加入。

また、2,000ポイントを2,000マイルに等価交換するには、

条件② メンバーシップ・リワード プラス(3000円+税)に加入。

とのことです。

また、私も先ほど確認している中で気がついたのですが、

f:id:maeviro:20160927235055p:plain

画像の最右に【最小2000ポイントから、2000ポイント単位で移行いただけます】との文言があります。

つまり、今回、5,000ポイントが付与されて、これ以上AMEXを使うつもりがない人は、最大でも4,000ポイントしか移行できないことになります。1,000ポイントはリワードポイントに残されます。

それって、陸マイラーにとっては、大変なことのような気がします。。。

 

どうしたら一番お得なのか。

ANAマイルに交換するという条件で考えてみました。

条件① メンバーシップ・リワード ANAコース(5000円+税)

条件② メンバーシップ・リワード プラス(3000円+税)

条件①は、ANAマイルにポイント移行する際に必ず必要となりますので、最低経費です。後は、条件②を払うか否かですが、ポイント数毎に考えてみました。マイル単価とは、上記の条件について掛かった費用をマイルで割った数値です。

(ここの決算費用は個人ごとに違うので想定しません。)

f:id:maeviro:20160928000200p:plain

パターンA:マイル単価2.7円 獲得マイル2000

これは、論外ですかね。これだったら、別のポイント移行を考えるべきです。

パターンB:マイル単価2.16円 獲得マイル4000

これも、全くお得な感じはないですね。片道の国内特典航空券にすらならないマイル数です。

パターンC:マイル単価1.08円 獲得マイル5000

ちょっと悩みどころになってきますね。バイマイルで2円程度が相場ですので、マイルを買ったと思えば安い買い物です。

パターンD:マイル単価0.86円 獲得マイル10000

うーん、結局のところ、8,640円の会費(①+②+税)をAMEXに払って、マイル化するのが、一番得ですね。ANAマイルに限ってはですが。しかし、AMEXも、そこまで想定しているでしょう。AMEXの収入がさらに増えると考えただけで、AMEXの企画担当者が恨めしいですが、数字だけ見たビジネス的には天才と思います。信頼を失墜させている以外はね。

ANAマイル以外だとお得なのではないか?

陸マイラーとは言え、損をしていては、本末転倒。なにか代替案は無いか探してみました。他の航空会社マイルへの移行も考えましたが、たった10,000マイル移行しても使えないかと思ったこととレートで考えるとANAと大差ないかと思ったので、今回は検討から除外しました。

代替案①ヒルトンオーナーズポイント

f:id:maeviro:20160928010942p:plain

 

ANAマイル同様に計算してみました。Hオーナーズポイントの場合、ANA移行費用はないので、リワードプラスの3,000円+税を付けるか否かになります。また、大体、1ポイント0.35円程度の価値なので、現金だとするといくらの価値になるのかを記載しました。パターンAなんか、800円ですよ。東京じゃ昼飯代にもならないのでは?

やはりこちらも、全体的に価値は大きく目減りしてしまいます。

代替案②楽天スーパーポイント OR Tポイントカード

f:id:maeviro:20160928010952p:plain

楽天PもTポイントもリワードポイントの有無さらには、3,000ポイント以上300ポイント単位交換となるので、パターンABの方は、残りポイントを100ポイントにすることが可能です。しかし、それでもAについては、論外のポイント数です。代替案①よりは、こちらの方がまだマシといったところでしょうか。でも、Aは、たった1600円程度って。

代替案③:ポイントで支払う(ポイントフリーダム)

ポイントフリーダムで支払うと、航空券・ホテル以外の支払いは、1円=0.3円です。

f:id:maeviro:20160928005602p:plain

これも、論外ですね。AMEXからの救済策が3000円とは、冷静なっても、怒りたくなります。

 

私の判断

私の条件としては、ゴールドカードなので、10,000ポイントの付与に該当します。

よって、ANAマイル移行費+リワードプラスの8640円(税込)を払って、ANAへ移行しようと思います。

というのも、他のマイルと合算し、スカイコインに買えれば、少なくとも10,000マイルの1.6倍=16,000スカイコインに化けることができますし。特典航空券の足しにすれば、それ以上の価値になります。

消費者庁や生活センターへのアプローチは次のステップですが、現時点ではこれ以上のポイント付与はないでしょうし、現実的な解決策かと。。。

はあ、悲しいなぁ。。。

 

この記事、為になった!と思っていただければ、下記バーナーをクリックいただければ励みになるので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←クリックお願いします。
にほんブログ村

にほんブログ村 スキースノボーブログへ←クリックお願いします。
にほんブログ村