読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルで旅したいサラリーマンMEMO

30歳の平サラリーマンがお小遣いを出来るだけ減らさずに旅資金マイル作り出すブログ

【悲報】AMEX祭りの事後対応について

アメリカンエクスプレスの入会キャンペーン中止について考える

アメックス祭りとは?という方は、すけすけ様のブログが優れてらっしゃるのでそちらにてご確認をお願いいたします。

www.sukesuke-mile-kojiki.net

 

ここでは、アメックス祭りにて被害にあった方と情報共有をしたく、私がどのような対応を取っているのか、また、どういった対応となるのか(なったのか)を記載いたします。

被リンクは、許可なしにて問題ございませんが、現時点ではすべてのコメントに明確なお答えができるかどうかは、お約束できませんのでご了承願います。

 

 

私の状況

発行月:2016年6月以降組

発行カード:ゴールドカード

本来得られるはずだったポイント:60,000ポイント

得られたポイント:0ポイント

【私の行動1】カード裏面のアメリカンエクスプレスへの電話

これは、いろんな方がブログに掲載しておりますので、簡潔に記載いたしますが、アメックスより得られた回答は以下の通りです。

①これ以上のポイント付与はない

②救済策は社内にて検討中

③救済策について決定すれば、【メール】にて連絡。

④HP上に本件についての謝罪や救済措置を掲載する予定はない。

⑤中止するかもしれない旨は広告にも記載していた

④については、諸説あるので、オペレーターによってバラつきがあるかもしれません。私が気になったのは、③です。何度も聞き返しましたが、電話やDM等で被害者へ連絡するつもりは無いそうです。あくまで、メール連絡のみ。非常に不誠実な印象でした。というのも、私の場合、どういうわけかキャンペーン中止のメールが受信できなかったのです。頻繁に陸マイラーの諸先輩方のブログをチェックしていたため、気がつくことができたのです。初めは、私のメール設定問題かと思いましたが、通常のAMEXからのアンケート等のメールは受信できているので、フィルターによるものではないのですが、何度確認しても確実に受信できてません。つまり、全国にはそのように、メールが正常に受信できていない方が一定数いると思われ、情報不平等ではないか?少なくともHP上に掲載したらどうか?とAMEXに伝えましたが、全く取り合ってもらえませんでした。

オペレーターの方にいくら言っても、これ以上の進展情報はないかなと思い、一旦切りました。

【私の行動2】独立行政法人国民消費者生活センターへの電話

消費者庁の窓口である独立行政法人国民消費者生活センターへ電話し、ことの経緯を正直に伝えました。国民消費者生活センタ-は、完全に消費者の味方ですので、ご安心ください。

私が伝えた内容としては、以下の点についてです。

①アメックスが入会キャンペーンを一方的に中止した点

②アメックスのキャンペーンの特性上、すでにアメックスカードにて支払処理しており、アメックスへの支払義務が生じている点

③わざわざ他クレジットカードから支払いカードを変更しており、本来得られるはずであった他クレジットカードのポイントも得られなった点

④キャンペーンの早期終了ではなく、強制終了である点

 

国民消費者生活センターからの回答としては、以下のとおりです。

①支払が発生しているのに、ポイント付与しないのはおかしい。

②入会キャンペーンについて、入会受付終了による予算調整なら理解できるが、入会済の方へのポイント付与拒否はおかしい。

③いくら広告に中止の旨の記載があっても、景品表示法違反の可能性がある。

(私に対して)

一般社団法人日本クレジット協会へ指導依頼をしなさい。

⑤国民消費者生活センターとしてAMEXに連絡を入れるので、電話番号を教えなさい。

⑤にて、番号を教え、同時に、アメックスは、日本クレジット協会の会員だから④にあるように、指導の依頼をするように国民消費者生活センターより指示されました。

 

国民消費者生活センターのリンクは、下記の通りです。

全国の消費生活センター等_国民生活センター

局番なしで、【188】でつながります。

 

【私の行動3】一般社団法人日本クレジット協会への電話

先に結論から言うと、本AMEX祭りについて、こちらの協会は、なにも動きません。読み飛ばしていただいて結構です。

国民消費者生活センターの指示通り、AMEXジャパンが会員となっている一般社団法人日本クレジット協会へ連絡しました。

日本クレジット協会とは、「クレジット取引を公正にし、クレジット取引に携わる関係事業者の業務の適正な運営を確保し、もって消費者の利益保護とその消費生活の向上を実現し、クレジット産業の健全な発展に資すること」を目的にしているので、期待して電話したのですが。。。

私からの質問は以下の通りです。

①AMEXが入会キャンペーンを一方的に中止しており、指導できないか

日本クレジット協会からの回答は以下の通りです。

①本協会は、割賦販売法を遵守していない場合は、指導を実施するが、それ以外の法に関しては指導する権利を有しない。

 

つまり、会員各社のキャンペーン告知ついては、割販法ではなく、景品表示法なので、動きませんと。。。

上記にある協会の目的ってなんだったんだといいたかったですが、大人な対応でグッとこらえて電話を切りました。

 

【生活センターの行動1】AMEXへの直電話

国民消費者生活センターからAMEXへの直電話内容の報告がありました。

やはり、電話に出たのは、AMEXのオペレーターで私が得た回答内容と同じ内容でした。オペレーターへもそれ以上の情報は開示されていないのでしょう。

さらに生活センターの担当者は、【これは、景品表示法違反の疑いがある】と思ったらしく、監督省庁である消費者庁へまで問い合わせ、結果を教えてくれました。頼んでもないのに、すごい。消費者庁からの指示としては、

消費者庁のHP上に情報提供のページあるので、詳細を送ってほしい

とのことでした。というのも、情報提供(タレコミ)がないと、動こうにも動けないからとのことです。(誰もしてないのかな。。。逆に不安。。。)

現時点での国民消費者生活センターの担当者からは、

①AMEXは救済策を検討していると言っているので、その救済策がメールにて送付されたら、内容をまた、連絡ください。再度相談します。

との力強いお言葉を頂き、現時点で、できることは終わりました。

 

指示された消費者庁のHP

景品表示法違反被疑情報提供フォーム|消費者庁

こちらのページから、経緯を報告しました。

 

われわれユーザーに落ち度はあったのか

本件については、AMEXが作ったキャンペーンに、AMEXがつくったルールに基づき、ポイント付与を求めただけです。すなわち、我々ユーザーに何の落ち度も過失もありません。5月組の多大なポイント請求が悪いという方もいらっしゃいますが、それもAMEXが作ったルールです。(私は、上限あり組ですが。。)

特に、

・6月以降組は、60,000ポイントという上限まで設定されての入会

さらには、

・私のように付与が0ポイントの方も多数いらっしゃいます

さらにさらに、

来年度以降のAMEXの初回入会キャンペーンへの参加資格も剥奪されている

という最悪の状況です。

なんとか、AMEXの誠意ある救済策を待ちたいと思います。

 

 関連記事

 

 

 

この記事ためになった!と思っていただければ、「いいね!」の要領で下記バーナーをクリックいただければ、励みになるので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←クリックお願いします。
にほんブログ村