読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルで旅したいサラリーマンMEMO

30歳の平サラリーマンがお小遣いを出来るだけ減らさずに旅資金マイル作り出すブログ

【各論2】ポイントサイトの王道2 FX口座開設案件を攻略するには

f:id:maeviro:20160908161302j:plain

FXとは何者だー

FXとは、外国為替証拠金取引(Foreign Exchange)の略で、お金でお金を買い、その差額で利益を出すことを目的にしている取引のことです。ポイントサイト攻略において、FX口座開設案件は必要不可欠です。しかしながら、FXの経験がない方からすると、なにがなんやらわからないと思います。知らないというのは、最も怖いことですしね。実は、私は大学生の時にFXデビューをしており、今年でFX歴8年目です。陸マイラー歴より長いですね。笑 当時の私は、アルバイトをしつつ、貯めたお金でちまちま取引をしていたのですが、ど素人取引で、損に損を重ねておりました。こういった取引は、最低限なくなってもよいお金でやるのが鉄則なのですが、当時、貧乏学生だった私は、1000円2000円の損益に一喜一憂して、疲れ切っていた覚えがあります。FX取引は、リスクから逃れることはできません。しかし、私は、リスクを減らすことはできると考えてます。

本ブログは、陸マイラーブログですので、FX案件において、ポイント付与条件をクリアし、ポイントを得ることを主目的として述べたいと思います。

そもそも、ポイントサイトとは何だよという方は、こちらの記事から先にお読みください。


なんでFX口座を開設するんだよ!という方は、こちらの記事から先にお読みください。

ポイント付与条件はどういった内容か

ポイントサイトのFX案件において、ポイント付与条件は、さまざまですが、私が案件を見ている限り、よく目にする条件は、

1.初回入金○○円以上

2.○○日以内に○○Lot以上の取引

といった、組み合わせが非常に多いです。

1については、解説するまでもなく、初回の入金額を指定された金額以上で行う必要があり、あとから追加しても無効となることがほとんどですので、必ず一回目で条件金額以上を入金ください。

2の条件は、「30日以内に1Lot以上取引すること」や「60日以内に10Lot以上取引すること」など案件ごとに微妙に違いがあります。ここで新しい単位が出てきておりますが、Lotとは何でしょうか?FXにおけるLot(ロットと読みます)とは、札束だとお考えください。例えば、「30日以内に1Lot以上取引すること」という条件の場合は、1札束を売買すればよいのです。ただし、ややこしいのが、FX会社ごとに束ねられている札束(Lot)の通貨量が違います。ドルを1Lot、円で買うとすると($1=102円として)

A社:1Lot=1000通貨(1,000ドルを円で買うので、102,000円/回の取引)

B社:1Lot=10000通貨(10,000ドルを円で買うので、1,020,000円/回の取引)

つまり、同じ1LotでもFX会社毎にポイント付与のために行わなければいけない取引量に違いがあるのです。A社の10Lotは、B社の1Lotと同じなのですから。ここは、ややこしいので、口座開設前にそのFX会社が1Lotを何通貨と定めているのか確認しておく必要があります。

FX取引に必要なお金は

FXは、先述の通り、外国為替証拠金取引です。すなわち証拠金を口座内に入金しておけば、入金金額以上の金額を売買することができます。

例えば、$1=102円として1Lot=1000通貨のドルを購入するには、上記の通り、102,000円のお金が必要だと考えがちですが、日本国内では、預け金の25倍の取引が認められていますので、102,000円の1/25で4,080円が口座にあれば、1Lotの売り買いができることになります。 

しかし、損益は実際に取引した量となりますので、

$1=103円になったときに、買った1000ドルを決算すれば、103,000円を得ることとなり、1000円の利益となります。一方で、もし$1=101円になってしまうと、1000円の損失となります。

では、そのような損失を生まないためにはどうしたらよいのでしょうか

大鉄則!儲けるな!

人間ですので、儲けたいと思うのは当たり前です。しかし、我々陸マイラーが欲しいのは現金ではなく、マイルでありポイントであるという本質を忘れないでください。

儲けるということは同時に損するリスクも持つということです。

そのリスクを回避する方法は、一つしかありません。

ドルを買ったら、速攻売る!円を売ったら、速攻買う!すぐに決算する!

これしかリスク回避の方法はありません。何だそんなことか!とお思いでしょうが、とても大切なことなのです。一般的に売り買いのレート差(スプレットといいます。)は0.3銭(ドル円の場合)です。

つまり、「$1=102.00円で買い」をできる瞬間に、「$1=101.97円で売り」をすれば、

損失は、102,000円ー101,970円=マイナス30円とミニマム化・確定できるのです。

これを「もう少し待ったら10円儲かるかも」とか、「損失0になったら決算しよう」とか欲を出すと見事に損失は膨らんでいきます。笑 不思議ですが、そういうものなのです。30円の損失で済んだはずが、1000円2000円と損失増加してしまうと、得られるポイント数を超えてしまい、何のために口座を開設したのかわからなくなります。儲かればラッキー、損失ミニマム化できれば成功、ミニマム化できなければ大馬鹿野郎と自分に暗示をかけてください。

たとえば、口座開設で得られるポイントが10,000ポイントで、10Lot取引が条件となっていれば、マイナス300円の損失を目指して取引をし、もともと9700ポイントの案件だったのだと考えるのがベストです。

 

損失を最小にし、本来の目的のポイント獲得を目指しましょう。

 

この記事、為になった!と思っていただければ、下記バーナーをクリックいただければ励みになるので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←クリックお願いします。
にほんブログ村