読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ANAマイルで旅したいサラリーマンMEMO

30歳の平サラリーマンがお小遣いを出来るだけ減らさずに旅資金マイル作り出すブログ

【各論1】ポイントサイトの王道1 クレジットカード案件を攻略するには・・・

f:id:maeviro:20160908010936g:plain

クレジットカード案件は危険なのか

ハピタスを登録し、さあ、どの案件でポイントを貯めようと思った際に、王道はクレジットカードの発行です。ポケットマネーを出す必要がなく、効率のよいポイントを獲得するには、クレジットカードの発行が不可欠です。しかし、クレジットカードの発行について、リスクはないのでしょうか。本各論では、クレジットカードの発行について解説したいと思います。

そもそもまだ、ハピタスの登録が完了していない方は、下記記事にて、解説しておりますので、一読をお願いします。

 

クレジットカードとは

そもそもクレジットカードとはなにかと聞かれて皆さんは、解説できますでしょうか?なんとなく使っている方は多いでしょうが、自分の言葉で説明となると難しいですよね。簡単に日本語で解説するなら、

 

「クレジット(信用)できる人にツケで払っていいよカード」略してクレジットカードです。笑 要するに信用に値しない人には、カードを発行してもらえません。代金を後払い・ツケで払っているのですから、当然といえば当然ですよね。では、我々、陸マイラーがクレジットカード発行会社から、信用を得れて、クレジットカード発行をしてもらえるにはどうしたらよいのでしょうか?

クレヒスを意識してますか?

クレジット(信用)を得るには、実績が非常に重要となります。あなたが、お金を貸す側だとして、信じることができない人にお金を貸せないのと同じです。クレジットカード会社も信じる人にしかカードを発行しません。では、信じるか信じないの判断材料は何でしょうか?それは、クレジットヒストリ、略してクレヒスです。クレジットカード会社がカード発行の申請を受け、発行可否を決定する材料として、クレヒスを見て決定します。クレヒスを作成している信用情報機関で、主な会社では、

株式会社シー・アイ・シー(CIC
株式会社日本信用情報機構(JICC)
全国銀行個人信用情報センター(JBA・KSC

があります。クレジットカード発行会社は、上記の信用に情報照会をしています。ではクレヒスには、どのような情報が掲載されているのでしょうか。

 

クレヒス掲載の情報とは

特にクレジットカード会社の多くが参考にするCICについては、

クレジットカードの契約:月々のクレジットカード契約
個品割賦契約:携帯電話等の商品代金を分割払いで支払う契約
リース契約:リースで代金を支払う契約
保証契約:保証会社が顧客の代わりに返済することを約定した契約
無保証融資:保証契約がないキャッシング
保証融資:保証契約のあるキャッシング
住宅ローン:住宅購入に借りたローン
移管債権:複数のクレジット契約をまとめたもの

があり、これらの情報を総合的に判断し、発行可否を決めていると考えられます。これを受けて、我々陸マイラーがポイントを確実に得るために実践することは、何でしょうか。

実施すべき対策

我々陸マイラーの目的は、確実にクレジットカードが審査に通り、カードが発行されポイントが付与されること、この一点です。となると、発行される、すなわち、カード発行会社から信用されるには、既述のクレヒス情報の把握は不可欠ですし、少なくとも何を参考にカード発行が成されているのかは理解すべきです。これを踏まえて、注意点のを列挙するならば、

1.一ヶ月間のクレジットカード申請は、一件のみ

2.発行されるまでは、次のカードの申請は厳禁

3.審査落ちしてしまったら、半年間は申請しない。

4.原則、キャッシング枠は利用しない

です。1および2については、カード会社が恐れるのは、支払い倒し(夜逃げ)ですので、短期間での大量申請は、夜逃げを連想されて審査落ちのリスクが高まります。また、3については、信用調査会社に審査落ちの情報は半年間掲載されてしまうため、たとえ別カード会社で申し込みをしたとしても、審査落ちした情報はバレバレです。4については、現金に困っているのではという印象から、支払い能力の有無を疑われます。ただし、ポイント付与の条件にキャッシング枠の設定が条件となっているものも中にはあるので、そういった場合には、カード発行時は、キャッシング最低金額を設定し、ポイントが付与されたら、ゼロ円に設定しなおした方がよいでしょう。また、年会費が初年度無料・二年目から発生する場合もありますので、カードが不要の場合は忘れずに解約しましょう。

 

今日のまとめ

・クレジットカード案件は、ポイント稼ぎに必要不可欠

・クレヒスを意識したカード発行をすること

・カード発行申請は、審査落ち対策としてリスク管理すること

・不要なカードは解約すること

 

この記事、為になった!と思っていただければ、下記バーナーをクリックいただければ励みになるので、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ←クリックお願いします。
にほんブログ村